交通機関の割引制度とは?

ひとり親家庭で特に所得が少ないシングルマザーやシングルファザーには様々な補助や支援があります。

今回ご紹介する交通機関の割引制度もその一つです。

交通機関の割引制度

誰が受けれる?

ひとり親家庭の児童扶養手当を受給している同一世帯の方であればだれでも受けれます。

どの交通機関が対象?

基本的にはJRの通勤定期乗車券になされる割引です。

しかし、お住いの市区町村によっては、JR以外の交通機関や市町村が運営する駐輪場でも同様の割引制度を設けている場合もあります。

割引額は?

JRの通勤定期乗車券を購入する場合に通常の3割引で購入できます。

また、例えば大阪市であれば、世帯の1名が駐輪場でも同様の割引制度を受けれて、一時利用回数券・定期利用料金が半額になります。

割引きまでの流れ

JR定期券購入の場合は「特定者資格証明書」と「特定者用定期乗車券購入証明書」の交付を事前に役所でもらう必要がありますので、お住まいの保健福祉(福祉)課福祉業務担当で申請してください。

その後、通勤定期乗車券を購入する時に「特定者用定期乗車券購入証明書」をJRの窓口に提出して通勤定期乗車券を購入すれば、三割引きでJR定期券が購入できます。

その他に、駐輪場の半額割引の場合であれば、一時利用回数券・定期利用料金を購入する際に、ひとり親家庭医療証・児童扶養手当証書等を見せれば半額で購入できます。

JR以外の交通機関の割引制度を設けている場合もあります。

お住いの市区町村にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました