シングルファザーとは?

シングルファザー

ひとり親家庭(世帯)のうち、父親とその子とからなる家庭の父親の事をシングルファザーという。

また、シングルファザーを略してシンパパと呼ばれる場合もある。

また関係した言葉としては、父親とその子供の家庭を父子世帯あるいは父子家庭とも呼ぶ。

また、なにかしらの理由でひとり親家庭になるケースの中で、圧倒的多数が母親が子供を養育して、父親は養育費を母親に渡すケースほとんどだが、様々な理由でシングルファザーになってしまうケースがある。

また、シングルマザーになる理由の大半は離婚だが、以下の2017年 司法統計による調停・審判での親権者の取り決め数値を見れば、シングルファザーになる理由には複雑化している状況がうかがい知れる。

【2017年 司法統計】
母親が親権を獲得:19,160件 (91%)
父親が親権を獲得 : 1,959件 ( 9%)

シングルファザーになる理由

以下はシングルファザーになったケースを書いてみました。
・両親の離婚(離婚)
・母親が子の出生後か出産前に死亡(死別)
・母親が行方不明(蒸発)
・母親が逮捕されている(拘束)
・母親による虐待・遺棄などにより他方が養育している(育児放棄)

タイトルとURLをコピーしました