児童手当とは?

児童手当とは、ひとり親家庭であるなしに関わらず、中学卒業までの児童を養育している家庭に支給される制度です。

ただし、所得制限や年齢制限、前提として日本国内に居住などがありますので、その点はご注意下さい。

0~3歳未満の子供には月額15,000円、3歳以降から小学校修了前の子供には月額10,000円(第3子以降の場合は15,000円)、中学生のお子さんには月額10,000万円が支給されます。

金額に関しては月額ベースで決まりますが、支給日は年間4か月分ごとに計3回(2月 6月 10月)となっております。

現住所の市区町村で申請を行う必要があり、基本的には出生届を出す際に、児童手当の申請も勧められます。

また、申請翌月分からの受給になりますので、手続きは早めに済ませましょう。

児童手当はいつまで受給できる?

子育て世帯全般への助成であるのが「児童手当」で、子供を養育しているほとんどの方が児童手当については知っていると思います。

つい、3~4年前ぐらいまでは、児童手当ではなく「子ども手当」と呼ばれていたので、小学生をお持ちの方なんかは、「子ども手当」のほうが一般的だと思います。

僕もその口です^^

児童手当の支給額

児童手当(旧 子ども手当)とは、0歳から中学校卒業までの子供がいる家庭に給付され、金額は以下の通りになります。

▶0歳〜3歳未満:15,000円/月
▶3歳〜小学校修了前:10,000/月(※第3子以降の場合、15,000円/月)
▶中学生:10,000万円/月

※第3子以降とは、子供が3人いて、一番上の子が高校卒業をしていなければ、一番下の子が第3子として計算されます。逆に一番上の子が高校を卒業してしまっていると、一番下の子は戸籍上第3子としても、児童手当の金額決定においては第3子とはなりません。

要は、高校を卒業してしまえば、子供ではないということになるのです。

その他に、所得制限があるにはありますが、現在では所得制限を超えていても、特例給付として1人当たり1ヶ月5,000円が支給されております。

所得制限はいくら?

所得が736万円以上あると児童手当が受け取れなくなります。

これは、夫婦合算などではなく、世帯の中で一番所得が高い方で判断されます。

支給日はいつ?

原則として毎年6月と10月と2月に、4ヶ月間の手当をまとめて受け取ることになります。

また、地方自治体によって、〇日や◇日などと支給日に若干の違いがありますので、詳細はご自分が居住されている地方自治体のHPを見てみてください。

児童扶養手当と児童手当は別です

「児童手当」は「児童扶養手当」と混同されやすいですが、全くの別物です。

また、児童扶養手当は、児童手当と比べても支給される金額がかなり大きい分、所得制限もかなり厳しめとなっております。

ざっくりですが、児童扶養手当を全額受給できる方は、控除前の年収が160万円以内(月収 約 13万円)であれば全額受給可能です。

その他にも、段階的な所得制限による給付金額が決まってくる制度となっております。

詳細は、児童扶養手当とは?のページに記載させていただいております。

タイトルとURLをコピーしました