お金の使い方

お金の使い方といっても人それぞれどこまで節約できるかなんて、性格や価値観によるところも大きいので、なかなか説明しづらいですが、今回も僕の体験談と、ここは抑えておいた方がいいよというのをまとめましたので、ご参考になさってください。

浪費をしない価値観にかえる

これが一番大切だと思います。

ひとり親家庭のシングルマザーですと、周りのお母さんはヴィトンのカバンを持ってたとか、いい服を着ているとかうらやましい場面って結構ありますよね?

シングルファザーの場合ですと、車を買い替えたいとか、趣味に使う道具を買い替えたいとか・・・

いろんなものを購入したい・・・そんな気持ちがわいてくると思います。

それって、人の価値観に影響を受けて贅沢したいとか、自分のもともとの価値観に基づいて何かを欲しているとか・・・まぁそういうことですよね?

そこで、今回は某買取店の店長さんに話を聞いてみたのです。

例えば、ヴィトン・・・

その某お店の店長さんからしたら、よっぽどプレミアとかついた限定戸数のバッグなどなら別ですが、誰でも少し奮発したら買えるようなヴィトン・・・

新古品ぐらいきれいならいいけど、数年使ったようなバッグはほぼ価値なしって言ってました。

買取現場の裏方に回ると・・・床一面ブランド品で、言われたひとことが・・・床にあるやつどれでも一つ1000円で売ってあげるって・・・

そして、こういうのも言ってました。

もし予算が決まっていてブランド物を買いたいなら、金やプラチナなどの同価格ぐらいの宝飾品を買った方がいいと・・・

要は、資産性が高いからです^^

このように、各専門家だったらぶっちゃけ〇〇っていうのを調べていくと、浪費という名の支出を自分へのご褒美+資産構築に回せちゃったりします。

もちろん人によっては譲れない部分もあるとは思いますので、そこらへんは適宜自分で調整して頂ければ無駄な浪費は少しづつ減っていくのかな?と思います。

節約できる部分は思いっきり節約をする

皆さん毎日外で使うお金と言えば何でしょうか?

お昼ご飯?ペットボトルの水?食費?洗剤やティッシュなどの消耗品費?

このようなものがあげられると思います。

僕が実際にしているのは、こちら・・・

自販機で買うドリンク⇒買わないで、ペットボトルに水道水を入れる
※年間250日会社に行くとして、250回×120円=30,000円を節約

会社で食べるお昼ご飯⇒買わないで、自宅で作ったおにぎりサンドにする
※年間250日会社に行くとして、250回×500円=125,000円を節約できて、個人的にはそこら辺のお弁当なんかよりおいしいと思いますし、30後半になってくると代謝が落ちてくるっていうのもあるとは思いますが(;^ω^)

自宅で使用する食費の一部や消耗品⇒楽天のスーパーセールで買う
※年間数万ポイントの還元があります。

自家用車を使う⇒カーシェアリングにする
※車検代、駐車場代、ガソリン代その他維持費がなくなります。車をローンで買っていたら金利まで取られています。ただし、地域によってはシェアカーが少ないため利用できない場合があります。

4つほどすぐ思いつくものを書いてみましたが、節約した金額すごくと思わないでしょうか?

軽く1か月のお給料分ぐらい節約できちゃいます^^

その他に何か節約できないだろうか?っていう場合は、「車代 節約」や「食費 節約」など「ジャンル 節約」と検索してみてください。

もちろん当サイトでも紹介をしていこうと思っていますが、各ジャンルのプロが節約方法をネットで公開しているので参考にしてみるといいことしかないですよ^^

頑張りすぎてツライ節約はしない

雑誌とかネットによく載っている節約があります。

そして、それを真似しようとして、初めは頑張りすぎてしまうのですが、3日ほどすると周りとの格差が気になってきたり、嫌になったりの反動で結局出費が増えちゃったっていうのよくあると思います。

もちろん僕も経験済みです。(〃▽〃)

それは節約というよりも、修行??に近い性質なのかなって思います。

結局は節約したお金を反動でたくさん以上使ってしまい、なんか節約って意味ないよね?出費が増えただけだったとか、切ない結果になってしまい、「最初はあんなに頑張ったのに」「たくさん我慢したのに」という頑張った記憶は残っているのに、結果的には「節約失敗!」という負の記憶に囚われてスパイラルに陥ってしまいます。

そして、本来であれば自分でできるはずの節約もしばらくやめてしまい、負け癖に似た感覚に・・・

人間って成功したことは続けれるのに、失敗したことを続けるのって難しいですよね?

そういう心理だと思います。

なにより、節約を成功させている人は、絶対に無理な節約をしません。自分に合わないと思ったらスパッとやめています。

自分がやって当たり前とか、続けてみて苦じゃないという節約をぜひやってみてください。

だんだんと節約レベルも上がっていき、いろんな節約に挑戦できるようになるはずです。

健康に気をつける

いきなりですが、人生で平均的な医療費ってどれぐらいかかっているかご存じですか?

答えは・・・全額自費で治療した場合に換算すると約2,800万~3,000万円/生涯で、保険に入っていて自己負担が3割としても、840万~900万円生涯もかかります。

若いうちは感じにくいのですが、年齢を追うごとに指数関数的に医療費負担が大きくなっていきます。

ちなみに、上記約2,800万円という数字には、正常な妊娠や分娩費用、健康診断や予防接種の費用、義眼や義肢、さらには先進医療等の費用は、病院への交通費などは含んでないです。

これって嘘!って思われる方が多いと思うのですが事実なのです。

もちろん不慮の事故や突発的な病気になってしまうというのも考えられますが、もし生涯のうち発生してしまう医療費を3割でも削減できたらどうでしょうか?

250万円~270万円も節約できちゃいます。

たった、健康に気を遣うということをするだけで・・・どれほどの恩恵を受けれるかを実感できる数字ではなかったでしょうか?

生涯必要になるお金を支出平均から考える

タイトルとURLをコピーしました