公営住宅とUR賃貸住宅の違いとは

UR賃貸住宅 市営住宅 節約 ひとり親 住居

賃貸住宅と言っても色々な賃貸があるのはご存じでしょうか?

一般的な街の不動産屋さんに行って探してもらうような、民間のアパートやマンションだけではなく、公営住宅やUR賃貸住宅というのもあります。

公営住宅やUR賃貸住宅って同じじゃないの?って方も多くいらっしゃると思いますが、全く別物です。

この二つをうまく活用すれば、生活費を節約できたりして、グッと選択肢が増えます。

もちろん、申し込み条件や管理方法などが一般的な賃貸住宅とは異なる点もあります。

一方で公営住宅やUR賃貸住宅には、一般の賃貸住宅にはないメリットがたくさんあり、特にひとり親家庭にとっては、引っ越しなどする際に必ずといって良いほど一度は選択肢に入れて熟慮してほしい賃貸です。

ではどのような世帯でも公営住宅やUR賃貸住宅を借りることができるのでしょうか?

公営住宅の特徴

県営住宅 府営住宅 都営住宅
※兵庫県の県営住宅サイト

公営住宅は、低所得者向けに都道府県 市町村などの地方公共団体が運営する住宅で、地域によって組織は違いますが、公営住宅法という法律に基づいて運営されています、

ですので、各都道府県 市町村によって大きな違いというのはございません。

特に家賃に関しては、収入の少ない人でも支払いができるように、低い金額設定にされているのが特徴で、とにかく安い住宅に住みたいという方はおすすめです。

UR賃貸住宅の特徴

UR賃貸住宅
※UR都市機構公式サイト

UR賃貸住宅は、都市再生機構が運用する賃貸住宅の事で、最近では「ゆ~あ~るであ~る♪」というTVCMでおなじみの方も多いのではないでしょうか?

建物は築年数の経過したものが多いなか、しっかりとリフォームや修繕などによって管理されていていることと、もともと一定品質を持った鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートのマンションを使用していますので安心で安全性の高いで物件という印象です。

また、契約もしっかりしているにも関わらず、保証人不要、礼金・更新料・仲介手数料不要、家庭状況によって割引などがあったりと、公営住宅ほどではないにしても、一般住宅と比較してイニシャルコスト、ランニングコスト共に低くなっています。

ですので、一般的な賃貸住宅にはないメリットがあると言えるでしょう。

公営住宅やUR賃貸住宅であれば、あまりまとまったお金がない状態の方でも引っ越しできますので、一般住宅だけに焦点を当てるのではなく、この両方を一緒に検討してみてはいかがでしょうか。

公営住宅とUR賃貸住宅の違い

ここまで読んでみてはっきりと違いが分からない方も多いと思います。

ですが、公営住宅とUR賃貸住宅ではその住宅としての性格が全く違います。

最も大きな違いは、入居者に対する収入についての条件で、公営住宅は明確に低所得者向けとされており、決められた水準以下の収入である事が必要条件となっております。

一方、UR賃貸住宅の場合はひとり親にとっては厳しめの審査がありまして、原則として一定以上の収入がある事が必要条件となります。

そのため、公営住宅やUR賃貸住宅どちらかを自由に選べるというわけではなく、申し込みをする前には、自分の収入がどちらの条件に当てはまるのかを確認しなければなりません。

そして一番気になるのがお家賃です。

公営住宅では収入に応じて家賃が決められますが、ある一定以上の収入になると退去させられてしまいます。

UR賃貸住宅の家賃はあらかじめ決められた家賃の中から空いている物件を選ぶ…つまり物件によるという形で、ここら辺は一般的な賃貸と似ております。

次に申し込み方法の違いですが、公営住宅の場合は入居希望者の数が多いので抽選になる事はほとんどです。

一方、UR賃貸住宅は先着順で決まる事が多い(ひとり親家庭などの優先枠などはあります。)ので申し込み方法は一般的な賃貸と同じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました