恨み辛みを言う人と何も言わない人

ひとり親家庭 仕事 アルバイト 派遣 仕事

こんばんわ

今日は、朝5時から倉庫の仕事に行って、帰ったらいつの間にかコタツで寝てました(-。-;

なんか一日無駄にしてしまった感じで、ちょっと悔しい…

仕事に行ったときに、みなさんが派遣切りの話ばかりをしていて、恨みつらみを言う人・・・

全く何も言わない人・・・

大体この2パターンに別れてるな~って印象でした。

恨みを言う人

まず恨み辛み妬みを言う人はあんまり好きじゃないというか、すぐにでも次の行動に移すべきなんじゃない?って思います。

と言いますのも、今回の派遣切りの件ですが、事業者さん側もしたくてしているわけでもないでしょうし、やむを得ず仕事が激減しているから、そういう話になったわけですし…

もちろん、派遣切りされる方はたまったもんじゃないですがね(´·ω·`)

結局、誰かのせいにしたくて恨み辛みを言うだけであって、なにも問題が解決するわけじゃないし、そもそも誰が悪いっていうのも無いと思っています。

「事業者側」「派遣会社側」「派遣されている人」は、誰も悪くないですし、それぞれが生きるためになんとかがむしゃらにしないといけない時期なんだよなって思います。

しかも、今回は事業者側からは、おそらく本部から何かしらの連絡があったみたいで、遠回しに匂わす感じで僕が登録している派遣会社には伝えてきてはいたみたいでした。

現場にはもっと早く教えてよ~(ꐦ°᷄д°᷅)って思いますけどね…(もちろんそれが無理っていうのも分かっています。)

そして、僕が登録している派遣会社の営業さんと、事業者側が何度か「なんとか少しは残してくれ」っていう交渉をしていたらしく、多少の成果はあったみたいです。

事業者側と派遣会社側がそれぞれ妥協した結果の事なので、誰も文句言えないと思っています。

何も言わない人たち

何も言わない人たちっていうのは…すでに次の仕事を確保している、もしくはそれに向けて動いている人が多かったです。

というのも、文句言ったって何も変わらないし、それどころじゃないというのが実際のところかな。

別の派遣先の夜勤を選んでいたり、別の派遣会社に登録してそちらで仕事を決めていたり…

僕も別の派遣会社ですでに話を進めているので、余裕はないですが、ぎりぎり首の皮一枚繋がっている感じです。

結局のところ、こういう場合は即行動に移して自分や家族を守る以外はどうしようもないという事です。

リーマンショックを思い出す

2008年にリーマンショックがあって、僕はその年に新卒として東京の会社に就職しました。

翌 2009年にリーマンショックのあおりを受けて会社が倒産…

なんか、全く同じ経緯を10年ぶりにたどっていて、我ながら学習しないよなぁって自分に呆れています。

今はとりあえず、目の前に毎日仕事に行けるように派遣会社と交渉をしつつ、日々できることを行って、生活を守っていくしかないなという気持ちです。

頑張るぞ!すべては自己責任!他責にせず!コロナ災を乗り切るぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました