初めての時短業務

ひとり親家庭 仕事 アルバイト 派遣 仕事

【ひとり親家庭】MAMA★PAPA ちゃんねるです。

今日も、日雇いアルバイトに行ってきました。

今回は初めての倉庫のピッキングだったのですが、私が所属している派遣会社の方々(総勢13名)でマイクロバスに乗せてもらい某大手家具店の倉庫に大移動・・・

そして、到着するや否や、もともと9:45~18:00までだった業務が、16:30までになってしまいました(。ŏ_ŏ。)

しかもその理由が、ピッキングを時間いっぱいするだけの注文が入ってないとのことε-(‐ω‐;)ハァ・・

そんなことなら、別の現場に行きたかったですね。

でも、こういうのは事前にわかりずらいっていうのもあるだろうし、そもそも派遣先に文句など言えるはずもなく、受け入れるしかないのが日雇いアルバイトの宿命。

こういうのは派遣の大きなデメリットだなと改めて思いました。

ただ、僕の場合はUberもありますので、空いた時間分は早めに始めて、本来もらえるはずだった給料分は自分で補填ができちゃいます(*^-゚)vィェィ♪

改めて、いろんな仕事を少しづつかじっておくと、今回の場合みたいに困ったときには乗り切れる策がすぐに見つかるのがいいですね。

メインのお仕事を決めつつ、サブ①とサブ②の仕事で月のお給料を調整して、これからもひとり親を乗り切ってまいります。

ここからは余談ですが、派遣の仕事もベテランさん連中に聞くとものすごく少なくなっているみたいです。

コロナ前なんかは、毎日のお仕事の種類が100種類ぐらいあったらしいのですが、今では毎日20~40種類しかないと・・・

よくよく考えたら当たり前ですよね。

イベント関連の設営派遣は減る。在宅ワークが普及しだしてビルなどの警備員が減る。もちろんアミューズメント関連の警備員の仕事も減る。

業界によっては壊滅的ですからね。

今後は早めに日雇いに関しては、なるべく早めに予約をしていこうと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました