肉親・実親だからこそ気を付けないと・・・

ひとり親世帯 ひとり親家庭 学び〈パパ〉

【ひとり親家庭】MAMA★PAPA ちゃんねるです。

ひとり親家庭になる前の離婚というのはものすごくパワー必要ですね。

片方(非親権者)はひとりで生活を始めるのに対して、親権者は本当に子供たちをひとりで育てられるのか?という大きな不安や心配の中、子供を背中におんぶして底から這いあがらないといけない。

引っ越しのエネルギー、元夫婦の思い出の品を捨てていく作業、結婚の時にはなかった役所での手続きの多さ、ちゃんと養育費振込してくれるかな?という不安などなど・・・精神的にも体力的にも氷点下からのスタート(ノ_·,)

ほんの一例だけを紹介してもこれだけありますし、離婚後最初の1か月なんてほんとバタバタしてて、安定なんてものはありませんでした。

そんな時に、母が横にいてくれたからこそ、子供を見てくれたり、ご飯を作ってくれたり、何気ない話相手になってくれたりでとても助かりました。

ちなみに、元妻の衣類を捨てるときに母が手伝ってくれたのですが、母が着れる衣類と着れない衣類に仕分けして、もったいないと言いながら再利用してましたΣ(゚ロ゚;)

しかも、9年経った今でも再利用している衣類を着ているのをたまに見ます。

普通出て行った人の衣類を着るのは嫌だと思うのですが・・・母強し!

で・・・その時の印象が強くて、どうしても甘えがちになってしまうのが実家暮らし。

しかし、限度無く甘えてしまうえば、いつかは親の負担が重たくなってしまい、家の中がぎくしゃくしてきちゃいます。

僕もそういう経験・・・たくさんあります。

そのたびに、気を引き締めなおして、母は母で子育てはもう終わってる。

今子育てをやっているのは自分であり、母ではない。

いくら一緒に住んでいる家族だと言っても、最初に決めた生活費の分担ルールを破るのはダメだし、余裕があるときには、少しでも貯金したり、多めに家にお金を入れたり・・・

率先してやらないといけないよなって思います。

というのも、忘れがちなのですが、仮に・・・実家暮らしをさせてもらえてなかったら、僕と子供4人で1か月の生活費15万円というのはあり得ない数字ですし、その環境をこれまで作ってきたのは両親であって、僕はあくまでも身を置かせてもらっているって立場

いくら肉親だからと言って、いくら身内だからと言って・・・

恩を忘れて甘え続けるのはダメだよなと常に自戒しております。

まぁ、たまにそういうのも忘れて、「出ていけ!」とか「あんたは父親やねんで!」とか叱られたこともありますが・・・(꒪ω꒪υ)

そして、虚勢や見栄をはるのではなく、ありのままの素直な自分で家族と接していけるようになってからは、だんだんと家族の団結力が強くなったなって思うようなことが多いです。

いろんな環境のひとり親家庭があるとは思いますが、今回ご紹介したことを一つの例とでもご参考にして下さったら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました