妻の浮気発覚

ひとり親家庭 補助 備忘録

2009年頃のお話

とある日、妻が1人ベッドで育児とアルバイトで疲れて子供を寝かしつけるときに一緒に寝てしまっていました。

そして、妻の手には携帯電話が握力のない手で握られていて、煌々と明かりがついていました。

ロックボタンを押すのを忘れて力尽きて寝てしまっていた妻

握力の全く入ってない手からそっと携帯電話を抜き取って中を見ると、知らない男とのラブラブメールが・・・

しかも、お互いに体の一部すら交換する仲

頭の中は怒りやら悲しみやら憎しみやら・・・

ぐわ~~ん ぐわ~~んとなっていました。

妻の横にはすやすやとかわいい寝顔で寝ている子供たち

だけども、妻の携帯の画面には見たくもない内容が・・・

このギャップを受け入れることができずに、無理やり妻を起こして、これはなんだ!とぶちぎれたのをすごく覚えています。

妻は言い訳もせずに、じっと僕を、見つめて一言も何も言わない・・・

寝ぼけているのか、それとももう夫婦関係なんてどうでもいいのか・・・

僕の頭の中では、家庭、子供たち、妻、親、世間体・・・

ぐるぐるいろんな考えが巡り廻りますがまとまらず、結局二人で話をして再スタートを決意!

もう絶対にこんなことをしないという約束をしてこの日は終わりを迎えました。

今思い返せば、自分は家庭放棄して仕事だけをしていた身分ですべての責任を妻に擦り付けていたんだなと・・・

離婚からずいぶんと時間が経った今・・・

夫婦として連れ添った数年間もの間、悪いことをしたなと反省の念に堪えません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました